モテる男になる方法



【最新更新情報】

2017年04月20日 (木曜日)


管理人プロフィール


男は頑張れば、誰でもモテ男になれる!


服屋ギャル
↑30才の時に付き合った服屋の店員さん。ここまでは派手じゃないけど、こんな感じでした。

はじめまして。サイト管理人のけいぽんと申します。インターネット関連の仕事をしています。

独身の1人暮らし。年中飲んだくれてます。

そんな普通の中年男性である僕が、どういうわけか、このようなモテ指南サイトを作る事になりました。

「こんなサイト作るくらいなんだから、さぞモテモテなんだろ?」

いいえ、めちゃめちゃモテてるわけではありません。

どう間違ってもイケメンではないですね。普通のおっさんです。女性が惹かれるような特技も特になし。

だから、もしかしたら、あなたにモテる方法をアドバイス出来るような立場ではないのかも知れません。

ただ昔の僕に比べたら、今の僕は、かなりモテるようになった思います。

☆21才から9年間彼女無し、H無し(Hはプロのみ)

この状態から、

☆それ以後の数年間で15人以上の女性(素人)とHな関係

この記事を書いた数年前の数字です。
現在はもっと増えてます。

この状態になったのですから、自分の中では大した成長だと考えています。だから、

「自分が成長した経験を通じて、教えられる事があれば教える。そして俺もまだまだだから、このサイトをを通じて、自分も更にモテる男へと成長したい!」

そのような願いを体現したのが、当サイトです。

では、どういう過程を経て僕が、

☆21才から9年間彼女無し、H無し(Hはプロのみ)

この状態から、

☆それ以後の数年間で15人以上の女性(素人)とHな関係

この状態まで辿りついたのか?自己紹介を兼ねて書かせて頂きます。少し長いですが、モテる男になれるヒントも混ざってるので、最後まで読んで頂けると嬉しいです(^―^)。

@9年間、彼女無しって!!!!

9年ってすごく長い時間ですよね?犬とか猫なら、ほぼ一生に値する時間ですよ。

しかも21才から29才という、男が最も盛んで、そして1番モテるであろう年齢の時に、全く女に縁がない生活を送っていたのですから悪夢です。

学生時代は、彼女がいた時期もあったんです。

ただし、何のとりえもない普通の男子だったので、別にモテてたわけじゃないですよ。

でも、学生の頃って普通に生活してれば、運さえ良ければお互い好き同士になったりする事もあるじゃないですか?

そんな運が良い出来事が1回だけあって、僕なんかでも、一応付き合えたんです。

高校の頃に付き合って、21才まで関係が続きました。

愛嬌があって優しい女の子だったのですが、長い付き合いだったし、少しマンネリ化していた部分もあって、どちらからともなく自然消滅的に別れちゃった感じでした。

勿論、別れた時は寂しかった。でも、まだまだ自分がいかにモテない男であるかをわかっていなかったので、

「ま、いっか。次の彼女に期待しよう!」

と、軽く考えてました。今思えば、この考えがすごく甘かった・・・。

それから9年間、彼女無し、H無しの、今思えば地獄の一歩手前生活を送る事になるとは、この時は想像もしていませんでした。

A女性に緊張するし、喋りも下手な内向的

21才までは、ただのラッキーながらも、普通に彼女がいた事もあって、事態の深刻さに気づいてなかった僕。

学生時代って、普通に生活してれば、運良く彼女が出来る事があるんですよね。

だって女子も子供だし、男の魅力みたいなものを判別する能力も持っていません。

「あの人、ちょっと格好いい・・・。」

「たまたま隣の席になって、喋ってるうちに・・・。」

「ちょっと優しくされた時に好きなっちゃった・・。」

「告白されたから、まいっかと思って付き合った・・。」

「誰でも良いから彼氏が欲しい。早く処女を捨てたい・・。」

10代女子が男を選ぶ基準って、こんな感じですよね?

勿論、10代の場合は、ルックスが良い男子が圧倒的に有利です。ただ、女子も恋に恋する年頃で、恋に落ちるハードルが低い。

だから、よほどいけてない男子じゃなければ、運さえ良ければ彼女が出来る事もあります。

そんな状況の恩恵を受けて、何のとりえもない男子だった僕でも運良く彼女が出来たんです。

しかし、しかしです。

そんな美味しい状況は、大人になると一変します。ネット関連という事で、僕の職場は男ばかりでした。たまに少し40代以上のパートのおばちゃんがいただけで・・・。

とにかく出会いがない。学生時代は、あんなにたくさんあった女との出会いが、社会人になってから全く無くなってしまいました(泣)

それでも、彼女と別れてすぐの頃は楽観的に考えてたんですよ。

「俺は、今はたまたま運が悪いだけで、彼女なんて、そのうち自然と出来るさ・・・」

僕の同級性で、社会人になるまで彼女が1人も出来ない童貞の友達が何人もいました。

だからその友達に比べたら、彼女がいた自分は、女に関しては勝ってると思っちゃったんですね。

勿論、本当に勝ってるなら問題ないんですよ。実力で彼女が出来たなら。でも、僕の場合は違いました。

前述したように、周りの女子も未熟だっただけで、本当に運だけで彼女が出来た状態でした。

その強運が自分で自分の評価を高くしてしまい、本当の自分の男としての実力を見誤らせてしまったのかも知れません。

最初は楽観的だったけど、20代後半になっても30才が近づいても、一向に彼女が出来る気配がなく焦る。

そして、風の噂で聞くワンナイトラブ的な美味しいイベントも、僕には全く巡ってこない。

今思えば、僕は目を背けてたんだと思います。

自分は、女性が苦手なタイプの人間である事に。そして、モテないタイプの男である事に。

過去に運だけで彼女がいたおかげで、その事に気づくのが遅れてしまったのです。

まず、僕は口下手です。昔よりは多少はましになったとは思いますが、今でも口下手の部類だと思います。

軽快なトークで女性を楽しくさせている男性を見ると、すごく羨ましいです。

そして、口下手と関係してるかも知れないけど、チキンハートで、女性と喋ると緊張する癖がありました。

中学校までは赤面症で、女子に話しかけられるだけで顔が真っ赤になるような男子でした。

大人になってからは、さすがに赤面症は治ったけど、今でも女性と会話する時に緊張を感じる事があります。

そして、男としてのスペック的な事を挙げると、

・勿論、ルックスが優れてるわけではない。

・勿論、お金を持ってるわけではない。

・勿論、女性を惹きつけるような特技や趣味も無い。

・勿論、性格が明るくて楽しい奴ってわけではない。

・勿論、とびきり良い奴ってわけでもない。

で、これらを総合すると、

・勿論、客観的に見て、自分が魅力的な男だとは到底思えない。

と、こうなっちゃうわけです。

そして、そんなスペックの悪さに加えて、追い討ちをかけたのが、女性との出会いの機会でした。

前述のように、まず職場に出会いがなかった。

基本的に、職場と家の往復の生活。出かけるといえば、たまに男友達と安い居酒屋に飲みに行くくらい。

チキンハートな僕には勿論ナンパはできないし、女性を紹介しくれたり合コンをセッティングしてくれるような洒落た友達もいなかった。

本当に全く女性と縁がない生活でした。

それでも年に2、3回くらいは、恋愛対象になりえる女性と知り合う機会がありました。

仕事先の女性とか、友達の結婚式の二次会とか。

でも、年に2、3回だと、もう女性と何を喋れば良いのかわからなくなっちゃうんですよね・・・。

それに緊張も半端なかった。

僕にとっては、女性と知り合う数少ないチャンスだったし、これを逃せば、次にいつチャンスが来るかわからない。

もともと緊張癖の強い僕に、「これを逃せば・・・」というプレッシャーもかかる。

何とかその女性と仲良くなろうと焦ってたんでしょうね。その焦りが、女性に伝わって失敗する事が幾度となくありました(泣)

B可愛い彼女がいながら浮気する友達

でまぁ、長期間このような状態が続くと、さすがに落ち込んだりするわけですよ。

僕の周りの友達も同じ状態だったら、まだ救われたのかも知れないんですけど・・・。

僕には1人、高校生からの友達がいて、社会人になってからも結構遊んでたんです。

彼は、学生時代は全くモテなくて、1人も彼女が出来ないまま高校を卒業しました。

明るくて良い奴だったけど、ルックスが悪すぎた。

10代の女子にとっては、男のルックスというのは重要な要素のようで。で、今思えば、すごく恥ずかしくなるような勘違いだったのですが、

「俺、こいつには勝ってるな・・・。」

と、心のどこかで思っていました。当時は彼女もいたし。

恋愛相談も受けました。

「彼女なんかすぐに出来るって!」

思いっきり上から目線でアドバイスしてました・・・。

そんな彼が社会人になって変わったんですね。

モデル級の可愛い女の子と何人も付き合う。付き合ってる最中にも、他の可愛い子と浮気を繰り返す。

まぁ元々性格も頭も良くて、それなりに良い会社に入ってバリバリ働いてましたから、モテるのは当然です。大人になれば、女性も男性のルックスを重視しなくなりますしね。

彼の弱点であるルックスが重視されないで、逆に性格とか社会的ポジションが重視される。

彼は、大人の社会においては、恋愛勝ち組だったんです。

そんな彼を尻目に、完全な恋愛負け組みになってしまった僕。

彼のめちゃめちゃ可愛い彼女を見るたびに、

「なんでだ・・・。なんで俺には、女が出来ないんだ・・。」

と、落ち込んでいました。

彼だけじゃありません。20代も後半になってくると、結婚する友達が多くなりました。

僕は別に結婚願望は無いんですけど、それでもウエディングドレスを着てる綺麗な女性の横で幸せそうに微笑む友達が羨ましかった。

結婚したくない。だからしない。

僕はそう思ってたのですが、周りから見たら、

結婚できない。だからしない。

と、思われてるであろう自分。

そして、そんな周りの目を自覚してる自分がやるせなくて・・・。

C風俗では満たされない気持ち・・・

女に全く縁がない生活のまま、20代後半に突入。そう言えば、もう何年も女性とHしてない。キスすらしてない。

この頃には、彼女が欲しいという気持ちよりも、

「もう誰でも良いからセックスがしたい!」

という気持ちの方が強くなっていました。

遠い昔に味わった、あの女の体の気持ちよさを味わいたい。女と心も体も1つになる瞬間を味わいたい。

そんな僕が行き着いたのは、風俗でした。

それまでの風俗経験は少なくて、20才くらいの時に、バイト先の先輩に2度ほど連れていってもらっただけでした。

その時は、風俗に行きたいというよりは、とりあえずどんなもんか経験しておきたいという気持ちの方が強かった。

勿論、プレイは気持ち良かったのですが、

「まぁ、こんなものか・・・。」

という、少し冷めた気持ちになったのを覚えています。

まだ女性に対して、気持ちに余裕があったんでしょうね。

でも今は、その時とは状況が違います。

全く女体に触れない修行僧のような生活が5年以上続いていたので、もう性欲が限界でした。

そして風俗初日。

めちゃめちゃ気持ち良かったです(^―^)

運良く可愛い子に当たったのもあって、とにかく興奮しました。

久しぶりに味わう女性のおっぱいやお尻の感触。こんなにも柔らかいものだったのか・・・。完全に忘れてました。

そして、僕のあれを優しく咥えてる風俗嬢の姿が、何とも愛しくてたまりませんでした。

「なんだ。金払ってこんな幸せを味わえるなら、別に彼女とかいらないじゃん!」

その時は、本気でそう思いました。

そしてその後は、しばらく風俗通いが続きました。ソープにも行きました。週に1回か2回は必ず行ってましたね。

全然モテなくて素人女性には相手にされなくても、風俗に行けば、それなりに相手にしてくれる。

楽しかった。本当に楽しかった。

最初の方は・・・・・。

風俗経験が深くなるに連れて、段々と楽しくなくなってきたんですよ。

むしろ風俗に行った後には、空しさとか寂しさみたいな感情が襲ってくるようになりました。風俗に行った事のある男性であれば、僕と同じような空虚な気持ちを経験されてる方も多いと思います。

やっぱり、愛のあるセックスがしたいんです!

彼女達は、お金をもらえるから僕のあれを舐める。だから当たり前の事なんだけど、彼女達は、お金をもらえないなら僕のあれを舐めてくれないんです。

そして、彼女達は他の男もあれも舐める。

でも、愛し合う彼女がいるモテ男は違うんです。その彼女は、お金をもらわなくても、その男のあれを舐める。むしろ自ら好んで、その男のあれを咥える。

そして、他の男のあれを舐める事は拒否する。

フェラという行為は同じでも、前者と後者では圧倒的な差が存在するわけです。

その圧倒的な差が、僕を苦しめる。

「風俗で性欲を満たす・・・。俺って負け組みじゃん・・・。」

まぁ、風俗に通う前から負け組みである事はわかってたのですが、風俗通いが更に自分が負け組みである事を表面化させたというか・・・。

風俗に通う前よりも、辛さが増したように思います。

あ、言っておきますが、僕は風俗を完全否定してるわけではありませんよ。

例えば、全く女性に慣れてない男性が、女性慣れする練習として風俗を利用するのは、かなり有効な方法だと思っています。

童貞がコンプレックスで女性にびびってしまうくらいなら、さっさとソープに行って童貞を捨てれば良い。

また、モテる男が、彼女や周りの女だけでは飽き足らず、更なる刺激を求めて風俗に行くのも有りでしょう。

そういう利用の仕方であれば、僕はむしろ風俗に行かれる事を推奨します。

でも当時の僕みたいに、全く女にモテない男が、性欲を満たすためだけに風俗を利用するのは、やっぱり悲しい。

「俺、このままじゃ駄目だわ。彼女できるまで風俗止めよ。」

今思えば、この決意が覚醒の第一歩だったのかも知れません。

Dオナニーしてる奴は負け組み?

「彼女が出来るまで風俗は行かない!」

そう誓って、男として一歩成長したかに思えた僕。

しかし実際は、

オナホールやラブドールにハマるという間抜けっぷり・・・。

この事は、書こうかどうか迷ったんですよ。ネットで晒すには余りにも恥ずかしい。

でも、なるべくリアルに自分のモテなかった過去を書くべきだと思ったし、思い切って書いてます。

まぁ、彼女が出来るまで風俗に行かないという誓いも、経済的な問題もあっての事でしたからね^^。

オナホールやラブドールなら、費用も安いという事で、風俗から移行したわけです。

で、最初にはまったのがTENGA。ご存知の方も多いと思います。知名度No1の使い捨て型オナホール。たまにアメトークで、ケンドーコバヤシさんが口にしてます。

使用経験がある僕の友達は、全然気持ちよくないって言ってたけど、僕には最高にフィットしました。

とにかく気持ちいい!始めて使った時の衝撃は今でも覚えています。ただ、終わった後のローション処理が面倒くさいんですよね・・・。あそこにべったりつきます。

そして、TENGAの次にはまったのが、安いビニール製のラブドール。最近のラブドールの進化はすごくて、リアルなのは本当にリアル。

ラブドール

↑すごくないですか?これがあったら、本物の彼女が要らなくなる気持ちもわからんではない(^―^)。

ただ、値段も高いみたいで、当時の僕にはビニール製のラブドールしか買えませんでした。

TENGAと違って自ら腰を振るので、よりセックスに近い感じを体験出来るのが快感でした。

しかし、ある日の事です。

たまたまあった鏡で見ちゃったんですね、裸になって、ビニール相手に一生懸命腰を振って喘いでる自分の姿を・・・。

「何やってんだ・・・。俺・・・。」

なんというか、情けなかった。

世間のモテ男は、生身の温かい女性を相手に一生懸命腰を動かしてる。俺は、ビニール相手に一生懸命腰を動かしている。

世間のモテ男は、最高に綺麗な女のエロい喘ぎ声を聞いている。俺は、何の声も出さない無機質なビニール相手に、自分だけ声を出している。

泣いてはいません。本当に泣いてはいません。

でも、、、。もしかしたら、一粒、二粒くらいは涙が出たかも知れない。

それくらい、本当に情けない思いでした。

そう言えば、何かのモテ本に、

「オナニーしてる奴は負け組だ!」

と書いてありました。

勝ち組とか負け組とかいう言葉が好きじゃないので、あまり使いたくないのですが、確かにそれはその通りかも知れません。

厳密には、

「セックス出来る相手がいない奴で、オナニーしてる奴は負け組だ!」

という事になるのでしょうか。

E俺はこのまま人生を終わるのか?

結局、風俗も道具を使ったオナニーも、一時の性欲は満たす事は出来ても、僕の心の穴を完全に埋める事は出来ませんでした。

「もう彼女いない歴何年だろう?素人女性とHしてない歴何年だろう?」

そんな事を考える機会が多くなっていきました。そして、

「この俺の、彼女いない歴とHしてない歴は、いつまで続くのだろう・・・。」

更に、

「もしかして、もう俺は一生、素人女性とH出来ないまま人生を過ごすのか!!!」

そんな事まで本気で考えるようになりました。

それは嫌だ。絶対嫌だ。まさに悪夢。

何とかしないと・・・。でもどうする?どうすれば、この悪夢を現実にしないで済む?

とりあえずわかってるのは、今の僕の状況は、女性関係においては最悪である事。

まず出会いが全くない。そしてモテない。

さすがにこの頃には、自分がモテない部類の男だとモロに自覚してました。謙遜ではなく、的確な評価だったと思います。

女と縁がない生活が長年続くと、段々と自信もなくなってきちゃうんですよね。

久しぶりに女性と喋る機会があっても、

「俺なんてどうせ相手にされない男だし・・・・。」

みたいに卑屈になる。その卑屈な気持ちを女性も察知して、更に相手にされなくなる。そして更に自信をなくす。更にモテなくなる。この最悪の負のスパイラルに、僕は完全に陥ってました。

そんな最悪の時に、たまたま本屋で気になって立ち読みした自己啓発系の本。

本当にたまたまだったのですが、今思えば、人生の分岐点だったのかも知れません。

「とにかく動け!それから考えろ!」

そう書いてあるのを見た時に、

「これは、今の俺に対して言われてる言葉だ!」

と、本気で思いました。

そう、その当時の僕は動いてなかった。

モテたい!彼女が欲しい!セックスしたい!

強烈に思ってるくせに、それを実現するために何かしたか?いえ、全くしてませんでした。

風俗やオナニーという安易な性欲処理に逃げてただけ。

とにかく動かないと!

モテるために何をすべきか?彼女を作るために何をすべきか?セックスするために何をすべきか?

最悪、その行動が間違ってても、何もしないよりは絶対に良い。

とにかく自分を変えるために、無理やり何かをしよう!

F僕の人生を変えてくれたマニュアル?

ここで、もしかしたら僕の人生を変えてくれたかも知れない、2つのマニュアルについて言及しておきます。

世間には、いわゆるモテマニュアルなるものが無数に存在します。値段もピンキリで、本屋で売っている500円程度のモテ本から、ネットで売ってる数万円もするモテマニュアル。

恋愛啓発セミナーみたいなものもモテマニュアルの一種だと考えるならば、何十万というモテマニュアルも存在する事になるでしょう。

僕は、そんなモテマニュアルを恐らく100以上は買いました。

書籍は軽く50以上、ネットで売ってるモテマニュアル、いわゆる情報商材という奴も、50くらいは買ったと思います。

情報商材って何?本当にモテるようになるの?

↑参照

で、それらのモテマニュアルが実際に役に立ったかと言いますと、

全然使えないものもあったが、間違いなく僕の人生をモテる方向に変えてくれた上質のマニュアルもありました。

本屋で売ってるモテ本は、無難なものがほとんどですね。それなりに役に立つけど、まぁそれなりって感じで。

逆に、いわゆる情報商材というやつは、当たり外れが激しいです。1万円以上するのに、全然使えないと思ったマニュアルもあるし、逆に数万円しても、

「買って良かった〜〜。」

と、今でも本気で思えるようなマニュアルもありました。

で、そんな100以上のモテマニュアルを買ってきた僕が、最も影響を受けたマニュアルが以下の2つです。

彼女のマスターキーEvo

ガールズマインドハッカー


前述したように、僕は色々な悲惨な経緯を経て29才の時に、

「とにかく動こう!モテる男になるために何かをしよう!」

と思い立ったのですが、そう思い立たせてくれたのは、

彼女のマスターキーEvo(詳細)

でした。

昔ほどではないけど、今でも僕は、「女性が苦手」という感覚を持っています。その要因は色々あるのですが、やっぱり決定的なのは、

会話が上手くないのと、がんがん押せ押せ!が出来ない事。

僕は、頭の回転が遅いんだと思いますが、人と話す時に、話題がポンポンと出てこないんですね。1つの話が途切れると、次の話題を提供できないから沈黙が生まれる。

全く沈黙する事なしに、女性と軽快にトークする男性を見ると、本当に羨ましいです。

そして、気に入った女性にはとにかく押しまくる男性がいますが、僕はあれが出来ない。プライドが高いのか、はたまたチキン野郎なのか、とにかく出来ない。

だから、能動的な「女性を口説く」という行為に抵抗感があったんですね。

勿論、男からアクションを起こさないとどうにもならない事はわかってるのですが、

「自分から口説くのではなくて、もっとこう、女性から惚れられるような方法はないものか・・・。」

そんな風に考えていました。で、その時に購入したのが、彼女のマスターキーEvoだったんですね。

自ら口説かなくても、女性の方から寄ってくる!

そういうコンセプトが、僕の希望と完全に合致していたのです。

早速全て読んで思ったのは、

「ほう、こんな考え方、口説き方があるのか・・。」

という事。

ただし、僕が望んだような、本当に何もしないで女性が寄ってくるという内容ではありません。

というか、そんな事は不可能でしょう。

でも、例えば、

「女ってのは、押して押して押しまくれば何とかなるんだよ!」

そんな力技を完全否定した内容でした。仕掛けるのは男ですが、その仕掛けは口説くとかそういう事ではなく、

女性の方から寄ってくる仕掛けを作る。

完全な受け身じゃないけど、半分受け身。

「これなら俺でも出来る。いや、口説けない俺にぴったりだ!」

と、感じたマニュアルです。

後述しますが、この彼女のマスターキーEvoのおかげで、僕は彼女いない歴と素人女性とHしてない歴に終止符を打つ事になりました。

しかも、20才のめちゃめちゃ可愛いギャル♪

まぁ、彼女と付き合えたのは他にも理由があるのですが、彼女のマスターキーEvoの影響が1番大きかったです。

ただ、本屋に売られてる普通のモテ本に比べると値段は高いです。人によっては、「ぼったくり」と感じる方もおられるかも知れません。

でも、僕は買って良かったと120%断言出来ます。

彼女のマスターキーEvoを読んでなければ、今でも彼女いない歴と素人女性とHしてない歴を更新してたんじゃないかと思うと、恐怖すら覚えます。

ガールズマインドハッカーは、もう少し後になってから購入したので、それはまた後述しますね。

G9年ぶりの素人女性とのHは・・・

彼女マスターキーEvoというマニュアルを手にして、精神的に相当変化した僕。その変化の証拠というか、最高の結果が、

20才のめちゃめちゃ可愛いギャル店員と付き合えた事でしょう。

服屋ギャル

↑こんな感じの、まぁ誰が見ても「可愛い」と言えるレベルの女の子。

ただし、いくら可愛くても、このタイプの女性に関しては、激しく好き嫌いが別れると思います。

簡単に言えば、ギャル好きか、ギャル嫌いか。

でも考えて頂きたいのですが、9年間女日照りの全くモテなかった三十路男が、この手のギャルと付き合えたという事はですよ、

やっぱり、それまでの僕とは、何かが変わったのだと思わざるをえないのです。

勿論この時点で、完全にモテ体質に変化してたわけではありません。今でもしてませんし^^。

でも、確実に何かが変わっていた。

それは、人から見れば取るに足らない小さな変化だったのかも知れません。でも、僕の人生を振り返ってみると、完全なターニングポイントでした。

9年ぶりの彼女、デートとか手料理とか全てが楽しくて夢のような生活でした。

しかし何よりも印象に残ってるのが、やっぱりセックスでした。

9年間の間に、風俗で何度か経験してるものの、全然別物。

セックスという行為は同じなんだけど、もはや違う事をしているような感覚でした。

程よい大きさで綺麗な形のおっぱい、柔らかいけど弾力がある可愛いお尻、

「入れて・・・・・、、、。」

彼女の方から懇願し、自ら四つんばいになって、僕のあれを要求してきます。

四つんばいになった時の、お尻とウエストのくびれが、いかにも女の体って感じで・・・。

そして何よりも僕を興奮させたのが、

男なら誰もが欲しがるであろう若くて綺麗な彼女の体を僕が1人占めしているという事実。

僕だけにそそがれる愛情、僕だけに向けられるエロい視線、僕だけのを咥える彼女の口、僕だけが入れる彼女の中。

僕が最も飢えていた部分を彼女が与えてくれる。

その事に最も興奮してました。風俗では決して味わえない感情でしょう。

で、この時に、思ったんです。

「やっぱり男って、こうじゃないと!」

別に僕は、たくさんの女とやりたいとか経験人数を増やしたいとか、そんなのにはたいして興味がないんです。

そりゃ、たくさんの女とやりたくないわけじゃないですよ、常に性欲はあるし。

でも優先順位は低いかな、僕の中で。

そんな数を積み重ねるよりも、

本当に良い女とHしたい!本当に愛してる女とHしたい!

こっちの方が大事です。女なら誰でも良いってのは格好悪いですから。

そして、おまけとして、

彼女であれ、それより軽い関係であれ、H出来る女性が常に数人いる。

こちらの思いも本音です。

そんなところを目指して、このサイトを頑張って更新していくつもりです^^。




女から惚れられる男になるための、
たった一つの究極思考法とは?


↑彼女と付き合った時の経緯は、こちらの特典レポートにも詳しく書いてます。

I結局、すぐに別れちゃったけど・・・

まぁとにかく、彼女との出会いが僕の人生を変えてくれた事は間違いありません。

でも、彼女とはすぐに別れました。半年もってないかな。振られたのは僕です。理由はよくわかりません。何となく振られました。

勿論悲しかったです。でも、予想してたよりは悲しくなかった。彼女の事は好きだったし、別れたくない気持ちも強かったんだけど、同時に、

「ん、これで次の女性に行ける・・・。」

という不誠実な気持ちが、僕の中にあって・・・。なんだか自分を試したくなってたんですよ。

9年間ずっとくすぶってて、ようやくモテ男になるきっかけみたいなものが見えてきたように思ってた時です。

「今の俺は、どうなんだ?本当にモテ始めてるのか?彼女と付き合えたのは、ただの偶然じゃないのか?」

彼女と別れる前は、そんな事を考える時間が多かった。

もしかしたら、そういう僕の気持ちを彼女が察していて、振られちゃったのかも知れません。

Jネットナンパである程度の成果を得る

それからの僕は、女性を研究というか、常にモテ論みたいなものを意識して生活するようになりました。

まず具体的には、ネットナンパを本格的に始めました。

そりゃ、リアルで女性と出会えるのならばそれが1番なのですが、実際はそうもいきません。

それに、リアルの出会いの機会があろうと無かろうと、ネットで女性と出会えるような方法を身に付ける事が出来れば、それはすごく大きいじゃないですか?

1回成功したらパターン化出来そうな気もしますし。

で、どこでネットナンパをするのか?当時の僕が思いついたのは、出会い系とSNSでした。

SNSは、具体的にはmixiとかです。今だと、モバゲーやfacebookなどもそうでしょう。

最初は右も左もわからず悪戦苦闘してたのですが、諦めずにコツコツやってると、

「あ、こうやれば出会えるのか・・・。」

みたいなコツが掴めてくるようになりました。

ただし、随分と授業料は払いましたよ・・・・。悪質な出会い系サイトのサクラに(泣)

ここは本当に強く言っておきたいのですが、出会い系は適当に登録してはいけません。

世の中の大半の出会い系は、サクラしか存在しない悪質サイトだと言われています。僕もそう思います。

ただ、全ての出会い系が悪質というわけではなく、数は少ないけど、ちゃんと女性と出会えるサイトも存在します。

ワクワクメール

ハッピーメール

ラブサーチ

↑これらの出会い系は、ちゃんと女性と出会えるサイトです。完全前払いの明朗会計です。僕が実際に利用して女性と出会った3サイトですから、間違いありません。

ただし、わざわざ出会い系に登録しなくても、コツさえ掴めば、ネットで簡単に女の子と出会う事が出来ます。



入れ食い最強ネットナンパ論!

↑手前味噌ですが、特典レポートとして書かせてもらいました。僕はこれが最強のネットナンパ法だと思ってるし、この手法を極めれば、もう女性との出会いに困る事はないと思います。

そんなこんなで、ネットナンパに熱中してた僕。

それなりの数の女性と会えたし、Hする事もできました。


で、またまた情報商材の紹介になって少し申し訳ないのですが、紹介する価値があると思うので紹介させてもらいます。

自宅ハーレム化マジック

↑これ、僕が今までに読んできた中では、断トツで最強のネットナンパ教材です。

まだまだ僕が読んでないネットナンパもたくさん存在するでしょうが、これ以上の教材は想像出来ない。

僕がネットナンパである程度成功する事が出来たのも、この教材のおかげだと真剣に思っています。

リアル生活での女性との出会いが期待できない男性でも、この教材を極めれば、ウハウハな状態が待っている事でしょう。

K僕には、ネットナンパは合わない?

で、そんな美味しい思いをさせてもらったネットナンパなのですが、何故か僕の中で徐々に熱が薄れていきました。

今現在も、気が向いたらたまにやる程度です。

だって、リアルで出会った女性を何とかする方が、モチベーションがすごく上がるんですよ。

恐らく大半の女性がインターネットを使ってるという現代事情を考えると、ネットナンパを研究するというのは、すごく良い事だと僕は思うんですね。

特に、女性との出会いがなくて悶々としている男性には、ネットナンパは本当にお勧めの出会い法です。

ただ、僕がネットナンパにおいて少し思うのが、

会うまでに、モチベーションを保ち続けるのが少し難しい事でしょうか。

例えばリアルで女性と会った場合、

「あ、この子可愛い!なんとかしたい!」

となったら、その時点からずっと頑張れるわけですよ。

頑張って落とせたら、あんな可愛い子と付き合えたりH出来たりするんだと思うと、モチベーションも上がるわけです。

でもネットナンパの場合は、アドレス交換した時点では、その子が本当に頑張る価値がある女性なのか?未知数です。

勿論、ある程度は写メなどを見れば、どのような女性か判断できます。しかし、恐らく貴方もご存知のように、写メと実物って結構違う場合が多いですよね?

わざわざ実物より2割減の写メを見せる女性がいるでしょうか?普通は、実物より2割増しの写メを見せるものです。男だって同じでしょう。

だから必然的に、実際に会うと2割減な事が多くなるわけですよ。しかも外見だけじゃないんですよね。

好みの声とか肌の質とか、喋ってみた雰囲気とか、そういうのが実際に会うと違ってる事も多い。

そういう経験が積み重なると、例えネットナンパでアドレス交換に成功しても、

「そこまで頑張る必要ないか・・・。」

と、途中でメールのやり取りが疎かになって自然消滅。

最後の方は、そんな事が多くなっていました。

再度言っておきますが、ネットナンパは素晴らしい出会い法だと僕は思います。ネットナンパを極めるだけでも、女とHしまくる事は可能だと思います。

ただ、前述のような理由から、僕には若干合わない手法だとも感じています。なので、徐々にリアルの出会いを求める事にシフトチェンジしていきました。

Lモテ本やモテマニュアルは絶対に役に立つ?

徐々に女性との出会いを積極的に求めるようになった僕。

と、言っても、基本的に内向的な性格な僕は、ナンパとかそんな大それた事は出来ません。

それでも女性がいる飲み会には貪欲に参加したり、合コンのセッティングを友達にお願いしたり、1人でお洒落なバーに行ったりする事も多くなった。

やっぱりね、出会いって自分から積極的に求めていかないと駄目だと思うんです。

「勿論女は欲しいんですけど、出会いが無いんですよね・・・。」

よく聞く言葉ですが、そう言ってる間は絶対にモテるようにはならないと思います。

彼女が欲しいなら、モテたいなら、たくさんの女性とHしたいなら、出会いは自ら求めて欲しいです。

そして僕は、モテ論も更に研究するようになりました。ネットで調べたり、モテ本を買ったり、情報商材を買ったり。

モテ本やモテマニュアルを大量に買って読む行為って、賛否があると思うんです。むしろ、否の方が多いかも知れません。

「そういうのを買ってるからモテないんだよ!知識詰め込む暇があったら、女性にガンガンアタックしろよ!」

みたいな。

でも僕は、モテ本やモテマニュアルを買って読む事は大いに効果があると考えています。

効果があると思うから、その中でも特に有効だと思う物は、当サイトでも自信を持って紹介させてもらってます。

問題なのは、モテ本やモテマニュアルを読んで、知識だけ吸収し、実践に移さない方が多いという事なんです。

それは確かに駄目。それならば本当に「知識詰め込む暇があったら女性にアタック!」した方が良い。

何でもそうだと思いますが、恋愛も理論と実践のバランスがすごく大事で、

理論を知ったら実践する。その実践で得られた経験を次に生かし、また理論を学び実践する。このサイクルの繰り返しで、段々モテるようになっていくのだと思います。

そこを十分に踏まえてもらった上で、僕は、モテたいのならば、

「モテ本やモテマニュアルも読んで研究してみてください!」

と、言いたい。

実際に僕は、いくつかの恋愛系のマニュアルのおかげで、昔よりは相当モテるようになったと思っています。

既に、

彼女のマスターキーEvo

この商材のおかげで僕は成長できたと書きましたが、もう1つ、

ガールズマインドハッカー

↑だいぶ後から読んだ商材だけど、僕の恋愛観に大きく影響を与えてくれた恋愛商材を紹介させてもらいます。

販売ページがエロいので、あまり期待してなかったのですが、いざ読んでみると、

「お!これだ!これはいける!」

と、強く興奮したのを覚えています。巧妙なホテルの誘い方みたいな、小手先のモテテクニックではなく、

モテる男とは?女性に依存される男とは?

その答えの1つを明確に示してくれたマニュアルだと思います。

わかりやすい結果としては、

ガールズマインドハッカーのおかげで、生まれて初めてのキャバ嬢即お持ち帰りに成功しました。キャバ嬢攻略にも、かなり使えるマニュアルだと思います。超お勧めです。

ただ、勿論、この類のモテ本やモテマニュアル、全てが僕にとって有益だったわけではありません。

全然役に立たない物もあったし、特に情報商材という類のモテマニュアルは値段が高いので、役に立たない物を買ってしまった時のショックは半端ないです。

当サイトでのレビューを見てもらえればわかると思うのですが、詐欺で訴えてやりたいと思えるような商材もたくさん買ってしまいました。

だから貴方も、この手の恋愛系の情報商材を購入される時は、十分に注意して慎重に検討してくださいね。

僕も当サイトにおいて、恋愛商材を真摯かつ公平に評価していければと思っています。

まぁ、そんな紆余曲折を経て、僕も少しは成長したのだと思います。9年間彼女がいなかった男が

その後の数年間で15人以上の女性(素人)とHな関係になる事が出来た。

自分的には、現状にそこそこ満足しています。

なんというか、辛い事もたくさんあったけど、ひたすら前に進んで頑張った自分を褒めてやりたい^^。

※追記。超大切です。

ただし、恋愛マニュアルを買って実践される方は、少し気をつけた方が良い部分もあります。

何に気をつけるかって、

実は、どんなに上質な恋愛マニュアルでも、それをただただ実践するだけでは、たいして効果が得られない場合があります。ひどい場合は、今よりもモテなくなる可能性もあります。

これは実際に僕が経験してきた事なんです。

彼女のマスターキーや、ガールズマインドハッカーをそのまま実践してモテるようになったかと言えば、そうではないんです。

恋愛において、すごく大切な事を忘れてしまったばかりに、余計とモテなくなった僕がいたんです。

その詳細は、

モテない駄目男の超変革プログラム。
女から惚れられる男の核心とは?

↑こちらの特典レポートに書いたので、何かしらの恋愛マニュアルを購入された方は、是非参考にしてください。

この事を心がけるだけで、間違いなく今よりもモテるようになります^^。

M結局、モテるの正体って何なんだ?

さて、そろそろこの糞長い自己紹介も終盤なので、まとめに入ります。ここまで読んで頂いた貴方には、本当に感謝です^^。

「結局、女にモテるってどういう事?」

「女にモテるには、何をすれば良い?」

僕はここ数年、この事ばかりを考えて生きてきました。そしていまだに明確な答えはわかっていません。

ただ、明確にはわかってはいないけど、昔に比べると少しずつ正解に近づいてるような気もします。

で、1つだけ明確にわかった事もあって、それは、

「モテる」の正体なんて、そんな端的に説明できるものではないという事。

多分、色々な要素が複雑に絡み合って、モテるとモテないの差が生まれる。

その絡みが複雑過ぎて、「モテる」の実体が掴めない。そんな感じでしょうか?

例えば、世間一般的には、お金を持ってればモテるとか、イケメンだったらモテるとか言われます。

確かにお金を持ってないよりは持っていた方が、そして不細工よりはイケメンの方がモテるでしょう。

ただ、じゃあお金を持っていたら無条件でモテるのか?イケメンならば無条件でモテるのか?と言われれば、そうでもないですよね?

お金持ちでもイケメンでも、何故か女に相手にされない男性は、たくさんいます。

「これをこうしたらモテる!」

みたいな単純なものじゃないんですね。モテるって。

だから、モテ論なんて一言では語れない。

一言では語れないので、当サイトは、たくさん語ります。

僕個人的に、

「こうすればモテるようになるんじゃないか?」

と思うような考え方や行動指針をガンガン提供していきたいと思います。

その中で、貴方が使えると思ったものがあれば、是非取り入れてみてください。

男は努力すれば、必ずモテるようになる!

僕は最近になってすごく思う事があるんですね。

「あー、男に生まれてきて良かった・・・。」

と。というのは、「モテ」に関しては、男性は努力で何とかなる部分が大きいからです。

勿論女性だって、モテる努力をすれば今よりはモテるようになるでしょう。

でも女性の場合は、なんだかんだで容姿だけでモテるモテないが決まってしまう場合が多い。

若くなくて綺麗でもない女性がどんなに努力しても、若くて綺麗な女の子よりモテるのは難しいと思いません?

こういう事を書くと女性差別だと思われる方もおられるかも知れませんが、男は遺伝子レベルで若くて綺麗な女性を選ぶように出来てるのだから仕方がないです。

ところが男の場合は、事情が違ってきます。

そりゃ、不細工よりもイケメンの方がモテます。おっさんよりも若い男の方がモテます。

でも、その差はそんなに大きくない。おっさんで不細工でも、努力次第で若いイケメンよりもモテる男になれる。

実際に僕は、今でも大した事はないのですが、それでも以前の僕に比べると確実にモテるようになりました。

でまぁ、結局何が言いたいのかといいますと、

もし貴方が今現在モテてないとしても、モテる努力をすれば間違いなくモテ男になれるという事。

↑これは間違いありません。

「頑張って日々男を磨いていけば、モテる男になれる!」

この言葉を是非信じていただいて、モテる努力を惜しまないで欲しい。

ただし、間違った方向に努力しても、モテるようにはならないでしょう。

例えば極端ですが、女性を操るために催眠術を習うとか、そういう努力をしたって無駄に終わる可能性が高いわけですよ。

だから当サイトは、貴方が正しい方向で努力できるような道標サイトでありたいと願っています。

なるべく小手先テクニックみたいなものは排除して、

本当にモテる男って何なのか?モテオーラって何なのか?

モテる本質の部分をとことん追求していきたいと思います。


僕も更にモテる男になれるよう頑張ります!

共に頑張って、モテ男に成長しましょう!



■僕の人生を変えてくれた2つのマニュアル


彼女のマスターキーEvo
◆『彼女のマスターキーEvo』◆
『口説かずに女が落ちる究極の方法…』■■


女を口説くのではなく、女の方が自分に夢中になるように仕向ける戦略的恋愛マニュアル。当サイトのモテオーラの考え方と似ていて、個人的にも大好きな教材です。



ガールズマインドハッカー
ガールズマインドハッカー
(狙った女性を強制的にホレさせココロもカラダもあなた無しでは生きていけない状態にさせる禁断の依存化テクニック)


女性を自分に依存化させるプロセスを徹底的に解説した商材。マスターすれば、間違いなく大半の女性を依存化させる事が出来ると思います。


最新追記

この自己紹介記事を書いてから数年経過しました。上の2つの商材が今でも僕の恋愛バイブルである事に変わりはありませんが、この数年で他にも様々な恋愛商材が僕の考え方に影響を与えてくれました。


その中でも、現在最大のお気に入り商材はこちらです。


ハニーマグナム

ハニーマグナム

この商材を読んでから、僕の女性に対する会話術は全く違う方向へ進化しました。

イケメンでも金持ちでもない、喋りも上手くない、そんな何も持ってない男性でも圧倒的に女性からモテるようになる最終兵器、それがハニーマグナムには詰まってると僕は思います。


モテる男になる方法【けいぽんの必勝オーラ恋愛術】←TOP
ページの上部へ戻る


プロフィール

自己紹介画像

名前:けいぽん

9年間彼女無し(泣)。30才の時にたまたま行った服屋で会った20才のギャル店員と付き合う事になって自分でも呆然・・・

更に詳しいプロフィール

昔の僕と同様に女性に対して一歩踏み出せない男性、もしくは今より更にモテたい男性への道標サイトになれれば幸いです。

恋愛系情報商材のレビュー

僕が実際に購入した教材を
独自かつ公平に評価してます。

悩み・要望別商材ナビ(TOP)

超お勧め系
100点商材!)

全ての商材の評価一覧

恋愛テクニック系・洗脳系

セフレ作り方、即エッチ系

マインド系

会話術系

人間関係向上系

ナンパ系

逆ナンパ系

メール術系

出会いの方法系

特殊系

6000円以下の恋愛商材

セックステクニック系
↑姉妹サイトに飛びます。

モテる男のモテオーラ講座

基礎・メンタル編
何事もまずは基礎が大事です。

してはいけない事編
モテたいならこれだけはタブー?

最重要!自信獲得編
&ファッション編

モテるための最重要事項だと思う

友達作り・人間関係編
すいません!これも最重要!!!
人間関係とか苦手な方は是非!!

モテ会話術編
口下手男でもモテる会話術とは?

いつも友達止まり編
女性が貴方に恋をする仕組みとは?

女との出会いがない編
女と出会わない事には始まらない!

逆ナンパ編
逆ナンパされるような男になる?

セフレの作り方編
セフレに対する考え方を少し・・

小手先テクニック編
実践的で即使えるテクニック集

モテオーラ講座、おまけ

男性向け恋愛本レビュー
僕が実際に購入した
モテ本をレビューしてます。

女にモテる努力体験談集
読者様から女性にモテるために行った事を体験談として集めました。

姉妹サイト集!

以下は僕が運営してる姉妹サイトです。ジャンルに特化してたりするので、興味のある方は覗いてみてくださいね。

セックスを極めるなら?

セックステクニック講座
けいぽん流セックステクニック講座!女の子号泣のイカせる技!

女の子をイカせるためのセックステクニック講座を解説!モテた後は必ず必要になる?

モテオーラ講座、最新版

ブログ画像 圧倒的に女の子にモテる 方法!を公開するブログ

当サイトのブログ版。僕の最新のモテ論を書きます。

その他

免責事項・お問い合わせ

最新100点評価商材!


一条正都の”License to Steal”
当サイト評価 100点

僕が購入した中では圧倒的にNo1のSEX指南商材。これだけ買っておけば間違いなくセックスが上手くなる?
あと、正直抜けます(笑)

最新100点評価商材!

ハニーマグナム
ハニーマグナム
当サイト評価 100点
聞き上手をメインとしたモテ会話術商材で、勿論僕も実践してます。努力と時間は必要ですが、マスターした時のモテ度は圧倒的!

100点評価商材!

※下記7個の、
100点商材の中で、どれが自分に合ってる?

性欲トラップ
性欲トラップ
当サイト評価 100点

女性の性欲を刺激してエッチまでもっていく方法としては、これだけ覚えておけば十分だと思います。女友達とセックスしたい方へ。

彼女のマスターキーEvo
彼女のマスターキーEvo
当サイト評価 100点


女を口説くのではなく、女の方が自分に夢中になるように仕向ける戦略的恋愛マニュアル。当サイトのモテオーラの考え方と似ていて、個人的にも大好きな教材です。

ガールズマインドハッカー
ガールズ
マインドハッカー

当サイト評価 100点


女性を自分に依存化させるプロセスを徹底的に解説した商材。マスターすれば、間違いなく大半の女性を依存化させる事が出来ると思います。
キャバ嬢攻略にも抜群^^

自宅ハーレム化マジック
自宅ハーレム化
マジック

当サイト評価 100点


ネットナンパ術とメール術に特化した商材。「とにかくたくさんの女性とセックスしたい!」なら、この商材が1番可能性があると思います。

氷の世界
氷の世界
当サイト評価 100点

人間関係力が上手くいかない男性に最強にお勧め。人間関係に強い男性は、女性からも信頼されるのでモテます。

LEVEL ZERO
LEVEL ZERO
当サイト評価 100点


女にモテたいが、女と出会う機会がない、女と上手く話せないという段階の男性に向いてます。 今までの一歩踏み出せない人生を変えてくれるパワーがあります。

出水聡のモテ会話マスタープログラム
出水聡のモテ会話
マスタープログラム

当サイト評価 100点


実際に女性を用意し、恋愛マスターの出水聡さんが実際に口説き会話をしてる動画を収録した商材。 繰り返し見てるだけで喋り上手になれると思います。

他の商材の評価は?

その他、当サイトで評価した全ての恋愛教材のレビューはこちら!

当サイト限定特典!

その他の最強特典
レポートはこちら!